今日の彼女 ( そうだっけ )

0




    今日の彼女 ( そうだっけ )





    ツグ君とベルさん

    0

       

       

      ( ずっと一緒 )

       

       

      陽射しがトウキビの葉っぱを縫って

              ツグ君のシャツに模様を付けます

       

      ツグ君が走れば 模様も走ります

       

      「 おばあちゃん、お髭の黒いこのトウキビも捥いで良い? 」

       

      「 どれ、どれ 」

       

      おばあちゃんはトウキビの皮を少しめくり

       

      「 次春、これを捥いだらエンドウ豆も集めておくれ 」

       

      「 うん、わかった 」

       

      ツグ君はトウキビの髭をちぎり、それを顎に当てると

       

      「 あ〜ちゃん、お爺さんだぞぅ 」

       

      「 あ〜ちゃんも、あ〜ちゃんも 」

       

      ・ ・ ・

       

      エンドウの畑は人を拒むように

       

      その弦を城壁の様に伸ばし 行く手を阻んで居るように見えます

       

      ツグ君は畑の奥まった場所に

       

      一際大きなエンドウ豆の実を見つけ

       

      両手でその実を引き千切ろうと引っ張ります

       

      ドシン!

       

      弦が千切れると同時にツグ君はしりもちをついてしまいました

       

      「 あれ? 」

       

      両手で包んでいるエンドウの鞘が淡い緑色に光っている

       

      指先を少しずつ広げると 声が聞こえます

       

      「 ファァ〜ッ 」

       

      広げた手のひらの上で 小さな妖精が伸びをしています

       

      ツグ君は、顔を近づけ覗き込むように

       

      「 僕は川上次春、君はだぁ〜れ 」

       

      「 あっ、わかった、ベルさんでしょ 」

       

      「 僕、ご本で読んだことが有るから知ってるんだぁ 」

       

      パフッ

       

      ツグ君は手のひらをいきなり閉じると走り出し

       

      「 おばあちゃん、ベルさんを見つけたよ 」

       

      おぱあちゃんは ツグ君の差し出す手のひらを眺め

       

      「 大きなエンドウだけど それだけじゃ足りないよ 」

       

      ツグ君の肩の上で声が聞こえる

       

      「 フフフ、ベルはツグ君にしか見えないよ 」

       

      「 次春、エンドウ豆をこのザル一杯に

                   取って来ておくれ 」

       

      おばあちゃんはツグ君にザルを渡すと

                トウキビの入った籠を持ち上げ

       

      「 ばあちゃんは、ちょっとトウキビを

                  家に置いてくるからね 」

       

      と言って、ツグ君の話は聞いて貰えません

       

      「 あ〜ちゃん、あ〜ちゃんはベルさんが見える? 」

       

      「 あ〜ちゃん、わかんない 」

       

      ベルさんはあ〜ちゃんの肩の上に乗って

       

      「 フフフ 」と笑い

       

      淡い光を残して、スゥーとエンドウ畑に消えていきました

       

      ・ ・ ・

       

      夕ご飯を済ますと おばあちゃんが

       

      「 次春、彩那、パパとママに

               おやすみなさいをしようね 」

       

      ツグ君は慣れた手つきで仏壇の引き出しから

                     お数珠を取り出し

       

      「 はい、あ〜ちゃん 」

       

      二人はおばあちゃんの後ろに並んで正座をします

       

      チーン

       

      ツグ君はパパの匂いを覚えています

       

      ママの匂いを覚えています

       

      パパとママを車ごと飲み込んだ

            赤い赤い炎を覚えています

       

      「 ナムナム・・・・ 」

       

      「 おやすみなさい 」ペコリ

       

      「 次春、寝る前にオシッコに行くんですよ 」

       

      「 もう行ったよ 」( 噓です )

       

      「 おにいちゃん、オネショしちゃだめですよ 」

       

      「 あ〜ちゃんは、うるさいのっ 」プンプン

       

      布団の中でウトウトしていると

       

      「 ツグ君、ツグ君、オシッコに行くんでしょ 」

       

      「 う〜ん 」

       

      「 ツグ君、ツグ君、起きて、起きて 」

       

      瞼を少し開けるとベルさんが鼻の頭に立っています

       

      ツグ君は目をこすりながら布団から立ち上がると

       

      おじいちゃんが「 ツグ、どうした 」

       

      「 うん、オシッコ 」

       

      「 おぅ、行っといで 」

       

      縁側に出ると トイレまでの廊下を

       

      ベルさんが案内するみたいに

       

      スィー っと淡い光の筋を付けて飛んで行きます

       

      バタン

       

      オシッコが終わり トイレから縁側の廊下に出ると

       

      少し冷たい風が ツグ君の背中を押します

       

      エッグッ!

       

      ツグ君の瞳から大きな涙が頬を伝い落ちてゆきます

       

      「 ママ、・・ママ 」

       

      ウゥッ、ウゥッ、ウッ、ウッ、

       

      涙がとめどなくポロポロと落ちていきます

       

      「 ツグ君、泣かないで 」

       

      「 ツグ君、ツグ君、 」

       

      「 ベルがついているからね 」

       

      「 ベルはずっと一緒だからね 」

       

      ベルはツグ君のほっぺに体を摺り寄せて

       

      「 ベルが居ればさみしくなんかないよね 」

       

      「 うん、ウゥッ、ウゥッ 」

       

      ツグはベルに返事をしながら

          フラフラと布団に潜り込みました

       

      やがてツグが静かな寝息を立てるまで

            ベルはずっとツグ君の頬を撫でていました

       

      ・ ・ ・

       

      朝、おばあちゃんはツグ君の布団の中に手を入れると

       

      「 よし! 大丈夫 」と呟きます

       

       

       

       

       

             ↑ブログトップへ

       

       

       

       

       


      デンタルケア

      0

         

        従兄弟から電話

         

         

        「 とっに貰ったデンタルリンスが無くなって

                  嫁が買ってくれって言うけど 」

         

        「 近くのドラッグストアには置いてないんだけど

                       何処で買えるんだ 」

         

        「 ネットショップなら普通に買えるよ 

         

        Amazon

         

        コンクールF

        新品価格
        ¥860から
        (2017/7/27 18:46時点)

         

        楽天市場

         

        【メール便送料無料】ウエルテック コンクールF 100ml×1個+《お試し品》ジェルコートF 5g 1個付〔メール便3個までOK・宅配及び代引不可〕[薬用マウスウォッシュ][口臭予防][コンクール][コンクールf][コンクールf送料無料]

        価格:980円
        (2017/8/3 22:02時点)
        感想(88件)

         

        歯医者さんも使ってるデンタルリンス

         

        刺激が少なく、歯科矯正中の方や

         

        インプラントの方、お子様に最適

         

        しかも効果の持続時間が最強です

         

        又、コンクールFは少量(5-10滴)で効果があり

         

        約360-700回ご使用でき大変経済的です

         

         

         

         

         

         

             ↑ブログトップへ

         

         

         

         

         


        僕とクイちゃんとパパ ( ウル・クイ・レン )

        0

           

          Photo_7

          今日、幼稚園のバスを降りると 門の前で翔子先生に犬が飛び掛ろうとしています
          「 あっ、犬さん 」その犬は以前 フウがゲージの中で出会ったドーベルマンでした
          「 犬さ〜ん 」フウが近づくと ドーベルマンは地面につっぷし前足で鼻先を抱えます
          「 フウくん、レンを知ってるの?」昨日 園長さんが保健所から譲り受けて来たばかりなのに
          「 うん、お名前は知らないけど 逢ったことがあるんだーぁ 」
          「 先生には未だ懐いてくれないけど フウくんにはとても従順みたいね 」
          「 フウくんは いつも クイちゃんと居るから 動物さんと仲良くできるのかなー 」
          「 レンくん、お鼻痛いの〜 かわいそ かわいそ してあげるね 」とフウはレンの頭を撫でる
          ・・・
          「 兄貴、いやしたぜ! 」
          以前の誘拐犯二人が 幼稚園の柵の外から中の様子を伺っています
          「 此の前の様に 人間の子供を狙うのはどうもいけねえ 今回はあのゴリラにするぞ 」
          「 なんてったって 喋れねえから 居なくなっても 逃げ出したと思っちまうのが関の山だぜ 」
          「 兄貴、頭良いー 」
          「 今は 人目に付きやすいから ひと気が無くなるまで暫く様子を見てからだ 」
          「 暗く成ってから あのゴリラを連れだしに行くとしよう 」
          「 それに あのゴリラ、随分 人懐っこいから連れて来るのも簡単じゃねーか 」
          「 兄貴、頭良いー 」
          ・・・
          「 兄貴、ゴリラの奴 バスに乗り込んでます 」
          「 え、あいつ此処で飼ってるんじゃねーのか 」
          「 安! 車で後を着けるぞ 」「 へい、判りやした 」
          ・・・

          { 夜の動物園宿舎 }

          「 兄貴、鍵、開いてやすぜ 」
          「 まったく、無用心だな ここの住民は防犯意識ってものが無えのか! 」
          ギィー パタン
          「 安! 靴はちゃんと揃えろ たくー、礼儀ってものを知らん奴だなー 」
          「 すいやせん 」
          二人組はフウの寝室に入り込んだが フウは少々の物音に気づく事も無く ぐっすりと眠っている
          「 ゴリラの奴は何処に居るんだ 」そう言いながら 安が押入れの襖を開けた
          「 ギャー 」「 声がでかい、、うわぁー 」
          二人の目に飛び込んできたのは 今までに見た事の無い大きな目玉が二人をギョロリ
          慌てた二人は 玄関ドアを激しく閉め 出て行こうとする
          大きな目玉は 襖から顔を覗かせた 大きく成ってしまったウルちゃんのお目眼だったのだが
          二人にとっては 始めてみる恐ろしい化け物に見えたのだろう
          此の騒ぎを聞きつけた 隣のおばさんが 二人組の後姿を見止め「 どろぼー 」
          大きな声の響く中 二人組は駆け足で姿を消していった
          そんな最中 フウは何事も無かったように 未だ健やかな寝息を立てている

          「 おい、安、今日は抜かるんじゃねーぞ 」
          「 へい 兄貴 」
          「 この前はドジったが 今回は散歩コースらしい
                            この人気のない川沿いの土手であのゴリラを引っ攫うんだ 」

          今日は クイちゃんと手を繋いで お散歩です 
          「 クイちゃん 楽しい? 」「 ワッホ ワッホ 」
          「 ウルちゃん ねんねしてたから 一緒にお散歩出来なかったねー 」
          川沿いの土手の上から 例の二人組みが勢い良く 走り降りてきた
          「 よーし 捕まえたぞ 」「 安! さっさと手を貸せ 」
          「 へい 兄貴 」
          「 オホッ オホッ オホッ 」
          「 おじさん! クイちゃんの事 引っ張っちゃ駄目ー 」
          フウは両手で クイちゃんの腕を思いっきり引っ張りました
          すると 勢い余ったのか フウとクイちゃんは 土手の草むらの中へ
          どうした事か いつの間にか 例の二人組みの姿も消えてしまいました
          「 ウワァ〜 」「 ワ〜・・・ 」
          ジャボーン! ジャボーン!
          「 安〜、助けてく、ブク、ブク 」「 俺は 泳げねーんだ グフ 」
          「 兄貴〜 あっしも泳げねーんで グフ 」
          「 な・流される〜 」「 流される〜 」「 流され・・・」
          ・・・
          「 クイちゃん お空が青くて綺麗だねー 」
          「 ワッホ ワッホ 」

           

           


            ↑ ブログトップ
           


          僕とクイちゃんとパパ ( 鬼は外 )

          0

             


            「 アニキ〜、 なんで こんな格好をするんですか? 」
            「 俺、恥ずかしいス 」
            「 安、今日は何の日か 知ってるか? 」
            「 え〜っと う〜ん 解かんないっス 」
            「 今日は 節分なんだよっ 節分といえば豆まき
                      幼稚園でも 豆まきをするんじゃね〜か 」
            「 だったら 鬼の格好で幼稚園に上がり込んでも
                            誰も 不審に思わね〜だろう 」
            「 アニキ、頭いいっ 」
            ・・・
            「 すいやせ〜ん オニの役を頼まれたんですが 」
            「 あっ、はい 」
            「 今から、子供達に 豆を配りますから 」
            「 鬼が来た〜って 合図するまで 廊下で待機してて貰えますか 」
            「 はい、分かりました 」
            ガラガラガラ
            「 みんな、今日は何の日ですか? 」
            「 ハーイ、」「 ハーイ 」「 ハーイ! 」
            「 はい、太一君 」「 きょうは せつぶん です 」
            「 そうです、今日は節分ですね 」「 今から 皆に豆を配ります 」
            「 はい 」「 はい 」「 未だ 開ちゃ駄目ですよ 」「 はい 」
            「 それでは、皆で 豆まきをしましょう 」
            「 あっ、オニが来た! 」
            ガラガラガラ
            「 なぐごわおらんか〜 」ポカッ!
            「 それは なまはげ だろ〜が 」
            「 じゃあ なんて言えばいいんスか? 」
            「 ガォーじゃ 怪獣だし、相手は子供なんだから オニだぞ〜、でいいんじゃないか 」
            ダダダダ 「 オニだぞ〜 」
            「 ウェ〜ン、エ〜ン、 」
            「 泣かないでねっ、いい子だから 泣かないでちょうだい 」
            赤オニが 手招きしながら「 おいこら! 青オニ! 」
            「 えっ、あっしの事ですか? 」
            「 こっちに 来いって 言ってんだろ〜が 」
            「 へい 」
            「 なに、真剣にオニに取り組んでんだ 」
            「 此の辺で オニだぞ〜って 言ってりゃいいんだよ 」
            「 オニだぞ〜 」「 オニだぞ〜 」
            「 はい、みんなで 鬼は外ですよ〜 」「 せえ〜の 」
            「 鬼は外 」「 鬼は外! 」  
            「 はい、豆を投げて 鬼を追い出しましょう 」
            「 鬼は外 」
            フウは思い切り 力を込めて 豆を投げました
            「 あ痛てっ!! 」
            「 なに でかい声出してんだ 」「 だって、痛いんスもん 」
            「 たかが 豆粒じゃ、痛てっ〜〜、」
            「 痛ててっ、」「 アニキ、涙目に成ってやすよ 」
            「 安、逃げるぞっ! 」「 へい 」
            ダダダダダ 「 痛てっ、」
            赤オニと青オニは 一目散で逃げ出しました
            ( 翔子先生は鬼を頼んだのは 園長先生だと思ってる )
            「 園長先生、どうも ありがとうございました 」
            「 子供たちも 大喜びでしたよ 」
            ( 園長先生は 豆を余分に買って置いた事に 感謝されてると思ってる )
            「 いえ、大した事では 」
            「 子供達に 喜んで貰えて 私も嬉しいですよ 」

             

             

             

             



              ↑ ブログトップ

             

             

             

             


            真奈 ・ 1

            0

               


                              ( 何か居る )

              「 う〜ん 」・・・
              モゾ、モゾ 「 えっ! 」
              ( 布団の中に 何か居るっ )パサッ、ソロリ、ソロリ、
              聖は 布団から慎重に抜け出した!
              何が潜んでいるのか解らないが 正体を確かめねば
              意を決して 掛け布団をゆっくりと捲り上げて見る
              「 あれっ! 」
              布団の中には パジャマ姿の小さな女の子が 寝息を立てていた
              「 かあさ〜ん 」
              ・・・
              「 聖、子供じゃ有るまいし 朝から大きな声を出して 騒々しいねっ 」
              聖は 布団の中の女の子を指差し「 かあさん、この子 」
              「 あっ、真奈ちゃん 何時の間に こんな所に? 」
              「 何処の子? 」
              「 自分の娘に対して 何処の子は無いだろっ 」
              「 ほんとにっ、あたしが言いたいよっ、
                        お前は 一体何処の子なんだい
                              そんな子は育てた覚えは無いよ 」
              「 自分の娘? 」
              「 俺、独身だぜ、」
              「 だから 何だって言うのさ 」
              「 えっ、えっ、ちょっと待って 全く話が見えないんだけど? 」
              「 ぐだぐだ 言ってないで 会社はいいのかい もう、八時だよ 」
              「 げっ、マジ ヤバイっ 」
              聖は バタバタと着替えを済ませ 「 いってきま〜す 」
              通勤電車の中でも、会社に着いても
              聖の頭の中は 今朝の出来事について あれこれと思いが倒錯していた
              「 うぅぅぅ・・・ 」
              「 どうした、聖、熱でも有るのか? 」
              「 あっ、実は先輩、娘がね・・・
              「 おぅ、真奈ちゃんの事か? 」
              「 あ〜っ 一体なんなんだよ〜・・・

               

               


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                           ( おかえりなさ〜い )

              あれこれと思い悩む内に 退社時間を迎えた
              聖は 通勤電車のつり革にぶら下がる様に摑まりながら 思いを巡らせた
              先ずは 家に帰ってから 如何いう風に 話を進めていけば善いのだろう
              下手な口上を吐けば 只の冷血漢扱いに終わってしまう
              なにせ 俺の中では 真奈についての事柄が皆無なのに対し
              周りの誰もが 俺の娘であると言い出すのだから
                            中々、聞き質す事は容易ではない
              うん、先ずは本人から 情報を引き出すべきであろう
              相手は 小さな女の子だから 言葉を選んで聞き質す様にしよう
              先ずは 「 ママのお名前覚えているかな? 」
              次に 「 真奈は 幾つに成ったのかな? 」
              う〜ん、情報を引き出せたとしても
                       今の俺が置かれている状況が変わるのかっ?
              キ〜ッ ガチャン
              考えがまとまらない内に 電車は駅に着いてしまった
              え〜い、当って砕けろだ!!
              ゴクリ、生唾を飲み込み・・・
              聖は 自宅の玄関戸を 恐る恐る開け「 ただいま〜 」
              ダダダダダ
              「 パパ、おかえりなさ〜い 」 ピトッ
              真奈に 行き成りお出迎えされた上 抱き付かれ
                    つい先程まで考えていた段取りは 一気に吹き飛んでしまう
              なにせ こんなに懐かれては
                      パパも善いもんだなんて思っちまうのである
              「 真奈ちゃん、それは反則だろ〜 」

               

               


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                             ( おパパごと )

              真奈の素性に関して それとなく聞き出そうと 試みるが
              いざ 本題に入ると 俺の言葉は 禁止ワードの様にかき消されて行く
              本人は 懸命に話しているのだが クチパク芸人の如く 声に成らないのである
              唯一、話が出来るのは 真奈 本人だけだったが これまた会話が成立しない
              「 真奈、ママの お名前は覚えてる 」
              「 うん、さっちゃんはね〜 高見幸子って言うんだよ 」
              ( は〜ぁ〜 真奈に旧姓つっても 解かんね〜だろうな )
              ( アンダーネームだけでも よしとするか )
              「 じゃあねっ ママは今 何処に居るか知ってる 」
              「 うん、あっち 」と指し示す
              ( あっちって どっちなんだよ )
              「 ウ〜ン 真奈は 幾つに成ったのかな? 」
              「 こんだけ 」と指を四本立てた
              ( 四才と言う事は 真奈は 俺が17才の時に生まれた訳だ )
              ・・・
              「 聖、母さんが昨日 腰を痛めたらしいから
                           今日は真奈を保育園に送ってやってくれ 」
              「 うん、わかった 」
              保育園は我が家の 斜め向かいに有り 送ってゆくと言った程の物ではない
              パタパタパタパタ「 ち〜ちゃん 」
              「 あのね〜 今日は 真奈 パパと来たんだよー 」
              「 へ〜 あそこに居るのが 真奈ちゃんのパパなの? 」
              「 すごく 若いパパなんだねっ 」
              「 おはようございます 」
              「 おはようございます 真奈ちゃんのクラス担当の湯月ちなみと申します 」
              「 真奈ちゃんのお父さんですか お若いんですね 」「 はぁ、」ペコッ
              「 それでは よろしくおねがいします 」
              聖が 立ち去ろうとすると クィ、クィ、と 真奈がズボンの裾を引っ張る
              「 ん! 」
              「 パパ、浮気なんかしないで 真っ直ぐ帰ってくるんですよ 」
              「 プフッ! あっ、ごめんなさい つい・・・ 」

               

               


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                             ( ジュース )

              「 ねえ、パパ、お散歩に行こう 」
              「 美紀ちゃんも 昨日 パパと公園に行ったんだって 」
              「 真奈も お散歩に行きたいよ〜 ねえ ねえ 」
              「 わかった、わかった、連れてってやるから そう せっつくな 」
              「 やったー、おさんぽ、おさんぽ 」
              ・・・
              真奈と手を繋いで 公園に出掛けた
              行き交う人に 片っ端から手を振る 真奈を咎める訳にもいかず
              俺は 気恥ずかしさで うつむき加減で歩く
              「 パパ、どっか痛いの? 」
              「 いやっ、なんでもない 」
              顔を上げると 自動販売機が目に入った
              「 真奈、喉渇いてないか? 」「 パパ、喉がカラカラだっ 」
              ポケットに手を突っ込んで 小銭を探ったが
              「 これじゃ 一本しか買えね〜な〜 」
              「 真奈、どれが良い 」「 これ! 」
              カチャン ポン 「 あれっ 」
              カチャ カチャ カチャ 「 ダメだ 」
              ジュースはおろか 小銭さえも帰ってこない「 ついてね〜な〜 」
              「 真奈が お願いしてみる 」
              真奈は自販機に向って 手を合わせると「 ムニャ、ムニャ、ムニャ 」
              「 機械さん お願いします 」カチャッ、
              ガチャン、カコーン・・・ピピピピピッ、ピィー
              「 真奈、すげーな もう一本の当りまで出たぜ 」
              ポン ガチャン、カコーン
              「 ラッキーっ 」
              「 あそこのベンチに持っていって 其処で飲もうか? 」「 うん 」
              「 よいしょっと 」
              ゴク ゴク ゴク
              「 パパっ、はい 」
              「 なんだ もういいのか? 未だ残ってるぞ 」
              「 真奈は もう飲めないから パパにあげる 」
              ゴク ゴク
              「 パパっ、間接キスだね 」
              「 ブッ!、ゲホゲホ、ゲホ 」

               

               


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                             ( かぐや姫 )

              「 真奈、何見てるんだ 」
              「 なんだ、かぐや姫の絵本を見てるのか〜 」
              「 パパ、此れがさっちゃんだよ 」
              「 どれどれ、へ〜っ 真奈のママはかぐや姫さんだったのか 」
              「 じゃあ、真奈は ルナリアンてえ事だね 」
              「 違うよっ、真奈は此れっ 」と絵本に指を差す
              「 真奈は、ウサギさん、ピョン、ピョン 」
              ( オッ、そう来たか )
              「 じゃあ、パパは差し詰め 浦島太郎って所か 」
              「 パパはパパだよ 」
              「 そんなの 常識でしょ 」

              カクッ!

              「 そ、そうだね 」

               

               


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                             ( お砂遊び )

              「 あっ、あっく〜ん 」
              「 保育園のお友達か? 」「 うん 」
              「 パパ、此処で待ってるから お砂場以外は行くんじゃないよ 」
              「 は〜い 」
              ピッ、ピッ、ピコ、ピコ、
              ベンチに座って アプリゲームをしていると
              「 パパ、帰えろ〜 」
              「 なんだ、もう 飽きちゃったのか? 」
              「 だって あっくん 直に チュウしようって言うんだもん 」
              「 たく〜っ マセたガキだな〜 」
              「 真奈は チュウしないって ちゃんと言ったのか? 」
              「 言えないなら パパが言って来てやる! 」
              「 パパ、やきもち、焼いてんの 」
              「 ははははっ、そういう事に成るわけ 」

               

               


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                              ( 遊園地 )

              今日は真奈を連れて遊園地にやって来た
              「 パパ、あれに乗ってみたい 」
              「 何々、身長120cm以上、真奈は未だ小さいから駄目だってさ 」
              「 ねえパパ、あれなら乗れる? 」
              「 あっ、これも駄目だ 」
              ( 遊園地に連れて来たものの こりゃ、失敗したかなっ )
              中央広場に着ぐるみを見つけて
              「 真奈、あそこにウサギさんがいるよ 一緒に写真でも撮ろうか? 」
              「 パパ、知らないの? あの中には人が入ってるんだよ 」
              「 そっ、そうか 」

               

               


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                             ( ふりかけ )

              真奈は此の所 ふりかけに凝っている
              「 ふりかけ、ふりかけ、」
              「 パパのご飯にも かけたげる 」「 ありがとう 」
              「 パパ、美味しい? 」「 うん、美味しいよ 」
              次の日
              「 ふりかけ、ふりかけ、」
              「 パパ、お茶碗出して 」「 はいよ 」
              「 パパ、美味しい? 」「 うん、美味しいよ 」
              その次の日も
              「 ふりかけ、ふりかけ、」
              「 パパ、ふりかけるね 」「 はい、はい、」
              ( ん! 今日のふりかけは、なんだか変わってんなぁ )
              「 パパ、美味しい? 」
              「 真奈、お願い、チョコは 止めよう〜 チョコは 」
              「 なんで? 」
              「 う〜ん、お菓子だからだよ 」
              「 うん、判った 」 ホッ!

               

               


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                              ( キャーッ )

               

              春の陽気に誘われて 公園の芝生の上で
              「 えいっ、」ポスッ、
              「 やぁー、」ポン、
              「 そんな攻撃は効かないぞっ チビ真奈、」
              「 捕まえて食べてやる、ガオーッ 」
              「 キャーッ 」パタ、パタ、パタ
              「 待てぇ〜 」
              「 キャーッ、変態おやじが来た〜 」
              この攻撃は効いた、聖はその場所から 一歩も動けなくなった

               

               


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                             ( 誕生日 )

               


              「 パパっ、ツバサちゃん人形だよ 」
              「 お店の人に頼んであるから 大丈夫だって 」
              七月七日は真奈の誕生日であったが 事前に真奈から
              着せ替え人形をせがまれていた
              「 行って来まぁ〜す 」
              聖は出社すると直ちに部長のデスクに向かい
              「 部長、今日は定時で上がらせて頂けますか 」
              「 おう、わかった
                 今日は真奈ちゃんの誕生日だものなぁ 」
              「 はい 」
              「 聖、帰りがけに総務の泉君から
                   バースデイケーキを貰って帰るんだぞ 」
              「 はぁ? 」
              「 はぁって返事はねえだろうが 」
              「 はい! 」
              しかし 何で部長が真奈の誕生日を知ってんだ?
              其の日の仕事を終え 総務課に向うと
              「 あっ、聖君 」
              「 泉さん、部長が・・
              聖が話し終る前に
              「 これっ 」と 包みを渡され
              「 真奈ちゃん誕生日なんだって
                       おめでとうございます 」
              「 あっ、ありがとうございます 」ペコ
              俺の預かり知らぬ所で
              真奈を中心に世の中が動いている様にも思える
              ・ ・ ・
              「 ただいま〜っ 」
              ダダダダ
              「 パパ、おかえり〜っ
                     ツバサちゃんは? 」
              「 はい、此れだろ 」
              ダダダダダ
              ダダダダダッ
              「 パパ、ありがとッ 」チュッ
              「 真奈、いくつに成ったんだ 」
              「 パパ、女性に年齢を聞いちゃ
                     ダメなんだよっ、わかった 」
              ふぅー
              「 はい、はい、わかりました 」


               

               

               

               

               

               




                ↑ ブログトップ

               

               


              遊戯王トレーディング・カード

              0

                 

                 

                 

                 

                「 とっ、何してんの? 」

                 

                「 ん!遊戯王カードの整理 」

                 

                Photo

                 

                「 急に、どうしたの? 」

                 

                「 インドネシアの研修生に売って上げるんだ 」

                 

                「 あげればいいんじゃない 」

                 

                「 一枚1円でも付ければ

                     考えて選ぶだろ、そうすれば

                           日本語の学力向上って事 」

                 

                「 ふ〜ん、でも売れ残った分は如何するの 」

                 

                「 最初からトレーディングカード宅配買取

                        に売るつもりだったから良いのっ 」

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                      ↑ブログトップへ

                 

                 

                 

                 

                 


                お子ちゃまネタ

                0


                          お子ちゃまネタ



                  ◎ 平城京跡で

                    

                  ラガー・シャツにヘッド・ギアを付けた

                   

                      4〜5歳の男の子が

                   

                        お父さんに向かって猛ダッシュ

                   

                   ( 頑張れお父さん )







                  Photo

                  ◎ 桜吹雪の中



                    小さな女の子が



                      花びらを掴もうと



                  手を伸ばしますが花びらは 其の手を掻い潜り



                  鼻の頭にペタリ、女の子は余程むず痒かったのか



                  其の小さな手でお顔をペタペタ







                  Photo_3

                  ◎ 藤原京跡の



                      芝生の上を



                        小さな男の子が



                  テコテコテコ ペタン トコトコトコ



                  お父さんが抱き上げると ジタバタ、ジタバタ



                  お父さんはしょうがなく男の子を降ろすと



                  またもや、テコテコテコ ペタン



                  起き上がる時に男の子



                  ニマーッと満面の笑顔を浮べ



                  トコトコトコ「パパ〜」と両手を伸ばします

                  ( こんな行動をされちゃ、パパはイチコロですね)







                  ◎ Nさんの息子が5歳の時



                  民宿に泊まり、トイレに行ったと思えば



                  「 トイレに蜘蛛が居るからヤダ 」



                  と大騒ぎした其の子も23歳



                  先日、Tシャツを摘みながらNさんに



                  「 父さん、虫が居る 」



                  「 なんだよ、蝉だろ
                  23歳にも成って怖いのか? 」



                  「 イヤな物はイヤなんだよ
                  早く取ってよ 」








                  ◎ Oさんが3歳の娘とお留守番中



                  玄関先を掃除中、ガチャ!



                  振り返ってドアを開けようとしますが



                  娘に鍵を掛けられて入れません



                  ドアの向こうでは娘が泣きじゃくりながら



                  ドアを ガチャ、ガチャ



                  Oさんは娘に話しかけますが ラチがあきません



                  小一時間程ドア前で座り込んでいると



                  漸く、母親が買い物から帰って来ました



                  漸くドアを開けると娘はドアの前で



                  泣き疲れ眠ってしまっていたそうです











                      ↑ブログトップへ







                   


                  EXPO.CITY

                  0

                     
                    ◎ EXPO.CITY

                    Expocity_10

                    大観覧車は2016年春にオープンらしいけど
                    まだまだ工事中
                    Expocity
                    海遊館がプロデュースする( 生きてるミュージアム )
                    NIFREL( ニフレル )は午後3時頃まで長蛇の列
                    午後3時以降が狙い目かもです

                    ショッブ&カフェのガンダムスクェア
                    好きな人は好きしょ
                    Expocity_3

                    ポケモンジムは意外と空いていましたよ
                    Expocity_6

                    Expocity_5








                             ↑ ブログトップ




                    キッズ・アイテム

                    0


                      今、小学生の女の子に大人気!!
                      歩く度に光るLEDシューズ
                      スケッチャーズ 光る靴 シャッフルズトリプルタイム 10203L 子供スニーカー ラメ入り LED
                      ハイテクメカロボオムニボットomnibot特集







                      ↑ ブログトップ



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      記事のご案内

                      その他のサイトのご案内



                      とっの紙芝居
                      ( 自作小説 )
                      ◎ 啓太の一日

                      とっの
                      読み切り恋愛小説

                      ( 自作小説 )
                      ◎ 計画的
                      運任せの恋愛事情

                      ◎ 金木犀

                      ワン・ニャン・ガーデン

                      とっのお仕事だぁ〜

                      とっのちょっと、おでかけ
                      ( 自作小説 )
                      ◎ イメージ・トラベラー

                      壮年時代

                      とっのコメント・ライフ
                      ( コラム )
                      ◎ コメ・コメ・クラブ

                      とっのカーライフ
                      ( 自作小説 )
                      ◎ 計画的運任せの
                      恋愛事情 2

                      ◎ 白パト

                      とっのアフィチャレ

                      とっのファンタジー小説
                      ( 自作小説 )
                      ◎ 穿光の巫女

                      とっのスポ・カル
                      ( 自作小説 )
                      ◎ 計画的運任せの 恋愛事情 9
                      ( チャレンジ・ゲーム )


                      とっのリリカルSF小説
                      ( 自作小説 )
                      ◎ バッテリーマン 
                      ◎ ブルー・ワスプ































                      プレミアムバンダイ





                      タカラトミーモール


                      ベルメゾンネット














                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM